宇都宮市内を最賃パレード/わたらせユニオン

〈わたらせユニオン書記長 嶋田〉

栃木では、7月24日(日)宇都宮市内の栃木県庁から東武宇都宮駅まで、

約3Kmの「最賃パレード」を行いました。

わたらせユニオン、宇都宮市民ユニオン、とちぎコープ労組など、約30人が、むしろ旗などを立てて先導車の外線を先頭にインパクトを残すことができたと思います。

7月29日は第2回審議会で意見陳述を行います。

世界的な物価上昇の中、イギリスや、フランス、ドイツではこの1年の間に2~3回、最低賃金改定を行い、しかも大幅な引き上げを行っています。

審議会の意見陳述でこのことを強調しようと思いますが、このことはもっと大きな声で訴えなければならないと思います。

(要請)日本通運無期転換逃れ雇止め裁判・東京高裁傍聴支援のお願い/ユニオンネットお互いさま

日々の活動、お疲れ様です。

日通闘争へのご支援、裁判傍聴有難うございます。

■次回裁判日程

7月6日 13:30 101法廷

12:15 ~ 高裁前宣伝行動

13:00 ~ 抽選

今回で結審になります。

本件が労契法の潜脱であること、日本通運全社的な方針であること明らかにし、、公正な判決を求めていきたいと思います。

代理人と原告が最終意見陳述を行います(20分)

多くの方に傍聴していただけるようお願いします。

粟野興産(株)からのスラップ訴訟 東京高裁でも組合側が勝利/プレ カリアートユニオン

粟野興産(株)からのプレカリアートユニオンに対するスラップ訴訟 再びの完全勝利判決! 

5月17日・東京高裁で  組合員の不当解雇問題などで労使紛争中の粟野興産株式会社(宮崎忠利代表取締役 /栃木県鹿沼市)から、プレカリアートユニオンと当該組合員が、2018年7月に スラップ訴訟(恫喝・嫌がらせ目的の訴訟)を起こされていた件で、2021年5月 12日には、東京地方裁判所で、「原告の請求をいずれも棄却する。訴訟費用は原告 の負担とする。」という完全勝利判決が出されました。

粟野興産(株)が控訴していましたが、このほど2022年5月17日、東京高等 裁判所で、再び、「本件控訴をいずれも棄却する。控訴費用は控訴人の負担とす る。」というプレカリアートユニオン側の完全勝利判決が出されました。

粟野興産(株)は、プレカリアートユニオンが、街宣活動をしたことや会社の関係 先に組合員の労働問題の解決を要請する文書を送付したことについて、1000万円 もの多額の損害賠償を請求して東京地裁に提訴し、会社の請求を全て棄却する地裁の 判決が不服だとして控訴していましたが、東京高裁でも棄却されました。

東京高裁の判決では、粟野興産(株)が、プレカリアートユニオンに対して、労働 組合法2条所定の「労働組合」に該当しないと言いがかりをつけていたことについても、法適合組合であることが明らかとし、粟野興産(株)の主張を全て退けています。一方、街宣活動のなかで、組合員が発言した内容については、真実相当性が認められる、としました。

粟野興産(株)は、違法にプレカリアートユニオンとの団体交渉を拒否しており、 この不当労働行為(団体交渉拒否)については、不当労働行為救済申し立てをしてい た東京都労働委員会にて、2021年3月に、団体交渉応諾を命じる命令が出されています。

https://www.toroui.metro.tokyo.lg.jp/image/2021/meirei31-25_besshi.html