シャープSPU闘争報告及びフィリピン人労組ネットワーク組織立ち上げ に向けて/ユニオンみえ

6/2のシャープSPU行動に多数の組合員の皆さんに参加いただき、ありがとうございま
した。

当日は9時半からストライキを決行し、SPU組合員のほとんどが行動に参加、デモ行進は支援の仲間と合わせて総勢100人の隊列になり、大いに意気が揚がるデモとなりました。

デモ行進に先立ち、午後2時から松阪駅前でビラ配りを始め、出席いただいた皆さん
から自己紹介と一言づつ、挨拶をしていただきました。

全国ユニオン関口事務局長、名古屋ふれあいユニオン小林副委員長、その後、鶴丸委員長、きょうとユニオン笠井さん、北大阪合同労組鈴木さんはじめ、CUNNセミナー終了後駆けつけてくれた仲間の皆さん、焼津ユニオンリサリート委員長、社民党三重県連合五味幹事長はじめ、たくさんの皆さんから決意と激励の挨拶を受けました。

デモが始まると、雨が降り出しましたが、雨などものともしない勢いで松阪駅周辺の市民にSHARP・ミエテック・ジーエル3社の不当性を訴え、糾弾するアピールをしました。
さらに3年前まで本社があり、社長の自宅がある松阪市魚見町の集落をデモ行進し、中川昌美社長を糾弾するアピールをしました。

デモ終了後、フィリピン人労働者が結集する労組(ユニオンみえ・SPU、名古屋ふれあいユニオン・ティラド分会、焼津ユニオン)が中心になって、フィリピン人労働者に情報を提供し、ユニオンへの結集を訴えるためフィリピン人労組ネットワーク組織を立ち上げる会議をSPUを中心に3ユニオンで行い、結成の方向を確認し、名称や今後のフェイスブック作りなどについて協議しました。

朝からの行動で盛りだくさんの行動になりましたが、組合員は困難な状況にも関わら
ず、明るく元気で行動できました。

たくさんの支援の皆さんが応援してくれたおかげです。
ありがとうございました。

〈ユニオンみえ書記長 広岡法浄〉

2018年6月10日 30周年記念シンポジウム開催/きょうとユニオン

来る6月10日、きょうとユニオンは30周年の記念シンポジウムを開催します。
各ユニオンのみなさまにそれぞれ郵送にてお知らせをお送りいたします。
第一部のシンポジウムにはどなたでもご参加いただけます。
第二部のレセプションにご参加をご希望の方は、5月31日までに、きょうとユニオンまでお申し込みいただきたく、お願いいたします。

よろしくお願いいたします。〈きょうとユニオン副委員長 笠井弘子〉

>>シンポジウム案内文をこちらからダウンロードできます。
>>シンポジウムのチラシをこちらからダウンロードできます。
>>参加応募ハガキ(裏面)をこちらからダウンロードできます。