ハラスメント防止法の法制化を求めるネット署名/日本労働弁護団

労働弁護団は今年6月に「ハラスメント防止法の立法提言」を発表していますが、現 在労働政策審議会において、ハラスメント対策が議論されています。

ところが、使用者側と厚労省事務局は立法にとても消極的で、ガイドラインなどで誤 魔化そうとしています。 連合の委員は立法が必要だと頑張ってくれていますが、年内には報告書・答申が出て しまいます。

皆で労政審の連合委員を応援して、ハラスメント防止法の立法を要求していきましょう。 そのためのネット署名を始めましたので、全国の会員の皆さんに署名していただき、 それぞれの知人、友人、労働組合、市民団体などに署名を呼び掛けていきましょう! どうぞご協力お願いいたします。

〈日本労働弁護団幹事長 棗一郎〉

■ 署名はこちらから

http://ur0.work/Mu9I

労働法制改悪阻止!6月19日に各地で一斉行動を!

「働かせ方改革」関連法案の参議院での審議が進められています。
14日ないし19日に参院・厚生労働委員会で採決、20日までに本会議で採決を強
行しようとしています。
 
昨11日、髙プロを廃案に!緊急院内集会(日本労働弁護団主催)が開催され110名
が参加。
本日12日には、参院厚労委で参考人として、労働弁護団幹事長の棗一郎弁護士、全
国過労死を考える家族の会の寺西笑子代表も意見陳述しています。
参議院議員会館前では、雇用共同アクションの行動が連日取り組まれています。
緊迫した情勢の中、昨11日、全国キャラバンを展開した全国運動実行委員会が開催
され、廃案にむけて最後まで行動することを確認しました。

①東京では
 6月19日(火)参議院議員会館前で12:15~50、雇用共同アクションによ
る昼休み集会が開催されます。
 その後13:30から同会館前で座り込みを行います(夜の総がかり行動の国会前
行動まで)。

②全国各地へのよびかけ
 ・6月19日(火)を統一行動日として、各地で街頭に出て、法案を廃案に!8時
間働けば暮らせる社会を実現しよう!と行動を一斉に展開しましょう。
 ・別途ひな形を送付する予定ですが、自民党、公明党、参議院厚生労働委員会委員
長宛に、採決を強行するな!審議をつくせ!と抗議ファックスを送りましょう。

ともにがんばりましょう!

「働き方改革」関連法案の成立阻止にむけて最後まで行動しよう!

与党は、6月14日に参議員厚生労働委員会で採決、遅くとも19日には採決を強行し、20日の国会会期末までに「働き方改悪」関連法案を成立させようとしています。

日本労働弁護団は、『働き方改革法案徹底審議を! 高プロは廃案に!』緊急院内集会を開催します。
■ 日時:6月11日(月)15:30~16:30 
■ 場所:参議院議員会館B103
 
また、首都圏ネットも参加している雇用共同アクションでは、以下のような行動が組まれています。
・雇用共同アクション 昼休み集会
■ 日時:6月12日(火) 12:15~
■ 場所: 参議院議員会館前

・雇用共同アクション 居る休み行動・座り込み
■ 日時:6月14日(木) 12:15~
■ 場所: 参議院議員会館前

・雇用共同アクション 昼休み集会
■ 日時:6月19日(火) 12:15~
■ 場所: 参議院議員会館前

さらに、労働法制改悪阻止!全国キャラバン実行委員会では11日に第4回実行委員会を開催します。
そこで確認の上、6月18、19日を全国統一宣伝・行動日として各地で一斉に街頭に立つことを呼びかける予定です。

各地でも引き続き労働現場の実態を明らかにしながら法案成立を許さない声を上げていきましょう!
(コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク  事務局)