シンポジウム「未来を拓く女性と労働組合」開催にむけてご協力をお願 いします/名刺広告のお願い/女性ユニオン東京

日頃の皆さまのご活躍に敬意を表します。
非正規労働者の増大とともに働く女性たちの置かれている厳しい状況に対して、全国各地の女性ユニオンや地域合同労組、コミュニティ・ユニオンでは、様々な活動が取り組まれていますが、政府の「働き方『改革』法」により労働環境はさらに悪化する方向に切り替えられてしまいました。

こうした状況を受けて、日頃、女性労働問題に取り組んでいる全国各地の女性たちが集い、交流・意見交換する中で、未来の展望を語り合う機会として、
1月26日(土)27日(日)にシンポジウム「未来を拓く女性と労働組合」(要綱は下記)を開催いたします。

現在、北海道、仙台、新潟、北陸、名古屋、京都、大阪などから参加いただけることになり、実行委員会で準備を進めております。
このシンポジウムを通してつながりを深め、現場を変えるノウハウを学び合ったり、国際条約の批准や実効性ある法制度を求めるキャンペーン活動などにつなげていきたいと話し合っています。
女性労働者の連帯と共闘を通して労働運動の裾野を広げ、前に進めていくために、皆様のご協力をお願いいたします。

つきましては、この企画を成功させるために、当日配布のプログラム・資料と後日作成予定の報告書に貴ユニオン名の名刺広告を募集させていただきます。
名刺広告の企画書等を添付させていただきますのでシンポジウム開催に皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。〈女性ユニオン東京〉

■ シンポジウム

日時:2019年1月26日(土) 経験交流会
15時~19時  各団体の経験交流/組織化ワークショップ
19時~21時  懇親会
2019年1月27日(日)
10時~12時 分科会
①正社員じゃない働き方
②職場の女性差別
③ハラスメント:セクハラ/マタハラ
④福祉の仕事:介護/相談・支援、
13時~15時 全体会「仕事の世界を変えるのは私たち~均等待遇・差別の撤廃・尊厳を求めて」

会場:明治大学駿河台キャンバス
1月26日:リバティタワー19F共同実習室
1月27日:グローバルフロント1F多目的室

◆明治大学社会教育主事課程「ジェンダーと教育B」共催
「未来を拓く女性と労働組合」シンポジウム実行委員会
連絡先:女性ユニオン東京
執行委員長 井出志保
Tel & Fax:03-6907-2020
mail:info@w-union.org

メトロコマース労働契約法20条裁判・東京高裁・結審へ/全国一般東京 東部労組

11/19 東部労組メトロコマース支部 非正規差別なくせ裁判結審の行動にご参加を!

東京メトロ駅売店の非正規労働者でつくる全国一般東京東部労組メトロコマース支部
が正社員との賃金差別をなくすために闘っている裁判の控訴審が11月19日に東京高裁
で結審を迎えます。

当日は裁判所に対して非正規差別を許さない公正な判決を出すよう求めるため、裁判
所前でのアピール行動、法廷での支援傍聴、議員会館での報告集会を行います。みな
さんのご参加をよろしくお願いいたします。

2014年5月に始まった同支部の裁判闘争は、同じ駅売店で同じ仕事をしているにもか
かわらず正社員と著しい賃金差別を受けている非正規労働者が労働契約法20条を「武
器」に会社を訴えたものです。

裁判の過程で、非正規労働者が差別によっていかに生活と尊厳を傷つけられているか
が明らかになりました。しかし、2017年3月に東京地裁は非正規差別を容認する不当
判決を言い渡しました。

その後、同支部は東京高裁に控訴するとともに、多くの仲間とともに様々な大衆行動
に取り組みました。非正規差別の撤廃を求める声は社会的に広がっています。

非正規労働者は賃金が低くても仕方ないと決めつけた東京地裁の不当判決は約2000万
人の非正規労働者にとって怒りと憎しみの的となっています。東京高裁が再び差別追
認の判決を出すことは絶対に許されません。

11月19日の裁判では結審にあたって組合側原告と弁護団から意見陳述します。そのう
えで結審すれば、判決日が決まる予定です。

今こそ私たちは「非正規労働者への差別をやめろ!」の声を強く上げていかなければ
なりません。非正規差別を徹底糾弾し、裁判所に正義の判決を出させ、全国の非正規
労働者にともに立ち上がるよう呼びかけるため、東部労組メトロコマース支部の控訴
審結審の行動に結集してください!

【東京東部労組メトロコマース支部 非正規差別なくせ裁判控訴審結審の行動】

■ 日時:2018年11月19日(月)

・11:30~12:30 東京高裁正門前アピール行動

・13:30~ 法廷での支援傍聴(東京高裁812号法廷)

・裁判終了後 参議院議員会館B104で報告集会(裁判所から徒歩で移動します)

※ 雨天決行
※ 労働組合の方はできるだけ旗を持ってご参集ください。

(要請)派遣 雇い止め ホットラインのよびかけ/静岡ふれあいユニオン

皆さま
お世話になります

早速ですが、静岡ふれあいユニオンは、下記のとおり、9月1,2日に「派遣 雇止め ホットライン」を開設します

■ 記者会見   
日時 8月29日(水)10時より
■ ホットライン
日時 9月1日(土)、9月2日(日) 10時より17時
■ 設置場所 
静岡市葵区田町3-5-6 しずおか労働相談センター
静岡ふれあいユニオン
■ 電話番号
054-271-7302

 すでに、東京新聞等に報道されていますとおり、改正派遣法の「3年ルール」が来月末より実施されようとしています。
それによって、派遣労働者の雇止めが増える可能性が生じています。
静岡ふれあいユニオンは、本件について相談窓口になります。
 CUNNのほかのユニオンでも、ホットラインに取り組んで下されれば、ホットライン効果が大きくなります。

よろしくおねがいします。 

 静岡ふれあいユニオンの組合員のなかにも、同一事業所、同一組織で3年を超える派遣組合員がいます。しかし、会社からは、「3年ルール」に関連した話は一切ないということです 契約満了一か月前の今月末日が心配です。

ホットライン、協力参加できる団体がありましたら、よろしくおねがいします。

静岡ふれあいユニオン委員長 小澤