無期転換潜脱目的での女性医師雇い止め/不当労申立/よこはまシティユニオン

横浜旭中央総合病院に勤務する女性医師(ユニよこ組合員)が雇い止め解雇予告された件で、ユニよこは、1/15に神奈川県労働委員会に不当労救済申し立てを行いました。

第1回期日は2/28(水)10時~となりました。

多くの皆さまの傍聴ご支援をよろしくお願いいたします。
旭中央総合病院不当労事件記者レク資料をこちらからダウンロード出来ます。

名港陸運病気(ガン)休業解雇、地位確認勝利判決/名古屋ふれあいユニオン

 病気休職していた名古屋ふれあいユニオンの組合員が、休職期間満了前に復職を求めたにも拘わらず、期間満了を理由に退職扱いされた事件の判決が1月31日にありました。
 判決は原告の社員としての地位を確認し、賃金の支払いを命じるとともに、この種の裁判ではなかなか認められない慰謝料の支払いも命じており、大きな勝利です。

 ※2月1日の中日新聞朝刊でも報道されました。

経営者の組合に対する損害賠償請求、すべて棄却/ヒロジ調剤薬局/名古屋ふれあいユニオン

薬局(ヒロジ調剤薬局)経営者による解雇撤回・パワハラへの謝罪を求めた団体交渉が平成22年2月に終了後も、退職した名古屋ふれあいユニオンのメンバーにいやがらせを続けてきた経営者に対し、その解決のために同ユニオンが改めて団体交渉を申し入れました。

 これを同経営者が「不法行為」である、としてユニオンを相手に損害賠償を名古屋地方裁判所に請求した裁判について、1月26日、経営者の主張がすべて退けられ、当ユニオン全面勝利の判決が言い渡されました。
 経営者が協定書を守らずに組合員にいやがらせを続けていることをやめさせるユニオンの活動について「不法行為」だとする経営者の主張が裁判所により退けられたのは至極当然のことです。今後も同経営者のいやがらせを止めさせ責任を問う取り組み
を続けていく決意です。

※経営者の裁判提訴の背景には、二回目の団交申し入れが労働者が退職してから数年経ってからであったこと等を理由に、労働委員会で経営者の団体交渉応諾義務が認定されなかった経緯があります。
〈名古屋ふれあいユニオン委員長 浅野〉