東京管理職ユニオン、アマゾンジャパン労働組合を結成。

11月4日、東京管理職ユニオンは、記者会見を行い、インターネット通販大手「アマゾンジャパン」で労働組合を結成したことを発表しました。

 ユニオンは、アマゾン・ジャパンが業務改善計画(PIP)を用いた退職勧奨を問題視し、PIPの廃止を求めています。達成困難な課題を示したり、90日間で課題を達成できなければ降格や解雇を受け入れるよう書面で承諾を求めたりするケースが起きています。労組結成に参加した従業員は、「何を改善すれば良いか聞いたが、『自分で考えろ』と言われただけだった」、「自己批判をさせ、絶えず『(会社を)辞めた方が良いのではないか』などと圧力をかけられた」などと証言しました。

今年8月には、アメリカのニューヨーク・タイムズが、アマゾン本社の過酷な労働環境を報じた他、イギリス・フランス・ドイツ・ポーランドのアマゾン社でも労組がつくられています。アマゾンジャパン労組の結成は、朝日新聞日本経済新聞産経新聞時事通信などでも報道されました。(写真は、レイバーネットより。Created by staff01)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です