ユニオンみえ、ストライキ禁止攻撃をはね返しました!

鈴鹿さくら病院が、ストライキ禁止の仮処分を裁判所に申し立てたのは、ユニオンの争議権を侵害したとして、2月28日、津地方裁判所は、ユニオンみえの主張を認めて病院側に330万円の損害賠償を命じると判決しました。
裁判官は「ストライキは組合が患者の生命・身体の危険を配慮して行われており、危険はなかった。組合からの追及を封じるための手段として申し立てたと言っても過言ではない」と病院の故意・重過失を認めた。
詳細は、中日新聞毎日新聞の報道、ユニオンみえのニュースブログをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です